依存症と決別しよう~依存知らずに自分に変わる~

いつからこんな症状が?

►新着情報

全部で3つある

男性

依存症といっても、タイプは三つに分かれ買い物やメールなら行為に関するもの・人間関係なら恋愛や友人への共依存があります。物質的なものを含めると非常に身近な病気であることが分かります。

►詳細はコチラから

専門性の強い場所で解決

カウンセリング

依存症とは、精神病の一つで精神科や心療内科でも積極的に治療が行われています。ただ、身近な病気なので誰でもなる可能性は高いです。かかりやすい性格もありますから知っておきましょう。

►詳細はコチラから

家族を助けるサポート

悩む人々

身近な病気である依存症は、何万人の患者がおり、日々襲ってくる依存症に苦しんでいます。そしてそれを支える家族も困っているケースがほとんどで相談出来る場を作ることが大事でしょう。

►詳細はコチラから

原因は必ずある

医者

今のレトルト食品は万人受けする味なので、子どもからお年寄りまで美味しくいただくことが出来ます。美味しいものはまた食べたくなりますから、長く続くなら一種の依存症かもしれません。食べている時の脳内は、大好きな芸能人に会ったか・もしくは宝くじで一億円を当てた時の興奮状態です。この時、ドーパミンは、普段より分泌されているのでその時受けた快楽が記憶されます。ギャンブル依存症も同じで、1回大金を儲けると前のような快感を味わうために何度も何度も打ち続けるので、異常なほど夢中になるのです。意識は、この辺りでやめておくべきと認識していますがドーパミンは引き続き分泌され続けるので、プレイしないと落ち着かなくなります。体の不調には一切関係ありませんが、依存症になると、金銭的トラブルが発生します。審査が通しやすくなり、簡単に融資が出来る時代です。ギャンブルのために、複数から借金するケースも多くほとんどは依存症が招いた悲しい事態です。また、ゲーム依存症になると、会社へ出社しなくなる場合があり、社会的問題へ発展することも珍しくありません。症状が悪化すると手の震えや不調を引き起こすことがあり、依存症はある意味精神疾患のようなものです。専門クリニックでは、依存症に効果的な治療を提供しており、治せる病気です。生活に支障をきたすものは無理に辞めようと試みても、ほとんど難しいです。知識を持つ有能な医師と共に、じっくり治療していけば、ゲームやパチンコ・過食に寄りつかなくなります。まずは相談してみましょう。完治への第一歩になります。

依存症になる原因は必ずあります。例えば、人間関係や環境に関するストレスから抜け出すためタバコやお酒に逃げると、習慣になってしまいやがてアルコール依存症になります。また、気分や手持ち無沙汰で始めたタバコは、ニコチン依存症を引き起こし、一時的な快楽を与える薬物依存症も、興味本位で手を出したことで快楽を覚え、何度も手を出すケースが多いです。そのような習慣が長く続くと、コントロール不可になり、良い事と悪い事の判別が出来なくなります。特にタバコやアルコール・薬物依存症は体への負担がすごく、重大な病気を引き起こす可能性が高いです。ただ、依存症患者は、それぞれの問題に頭を悩ませていることが多く、苦労人ばかりです。治そうと努力をしていますから周りの理解は大切でしょう。これらの依存症は専門クリニックで治すことが出来、原因解明を徹底して行なうので効果は確実にあります。悩む前にまず相談が鉄則なので、早速クリニックを探しましょう。