依存症と決別しよう~依存知らずに自分に変わる~

家族を助けるサポート

悩む人々

なにかがきっかけで依存症になってしまった当事者本人は、家族や周囲も頭を悩ませるほどでどう対処すれば良いのか分からないと相談へやってくるケースが多いです。アルコールやギャンブル・薬物は、依存症の中でもっとも多く、何度注意しても繰り返す行動に心労は溜まる一方です。体調を崩し、不眠や家事が一切手につかずそのままうつ病になることが多く、当事者本人の苦しみもそうですがそれを支える家族のケアも重要です。第三者である精神科へ相談することで、心に余裕が持て、次第に向き合えるようになるでしょう。精神科では家族が抱える依存症問題に耳を傾け、一番最善な方法で完治を目指します。

自身が依存症だと実感があれば、スムーズに治療が行えますが認識が薄いと中々出向けません。何度受診を促しても拒否されますから家族のイライラや不安な感情は蓄積される一方です。問題を抱える本人と、それを支える家族へ向けられた相談ルームは治療をする意味と利点は時間をかけて説明し、本人にも理解してもらう場所です。また、直接医師と対話をしていき、コミュニケーション法に工夫を付けることで通院がいかに大事であるかを悟らせます。もちろん、依存症患者本人だけではなく家族の生活を根本的に改善させますから当事者本人との関係も今より良好にさせられるでしょう。信頼関係が生まれ、良い状態を構築させられれば、完治も夢ではありません。治療を受けたその後は、90%近くが成功しています。また、精神科へ相談したことで以前より幸せな感情が増え、うつ状態から脱出しています。当事者本人が参加しなくても、家族の気持ちが少しでも改善されるのなら、受けてみるべきでしょう。

依存症を克服し、今後自立して人生を歩めるための支援は、今普通に行われているサポートです。様々な精神病に冒されている患者の人生をしっかりとサポートし、力を与えることで患者本人の人生が豊かになるのです。依存症を始め、精神疾患を持つ患者を対象に行なう就労と定着サポートは、生活への不安を取り除くきっかけになります。精神科と併用している場合が多く、専用施設で就労支援をしていきますから仕事も早い段階で見つけられるでしょう。

当事者が持つ依存症に悩まされているなら、克服法を知っておくべきです。精神科でも効果的な治療をしていますが、併用すればより高い効果を導き出してくれるでしょう。カウンセリングは自身が抱える問題と悩みを吐き出す場所です。現状を受け止め、回復へ向かわせるための大事な行いで、それらを整理すれば物事に依存せず生きられる自分になれます。カウンセリングは、精神科でも治療の一環として取り入れているケースが多く、平行して行えば自然と執着心が薄れていくでしょう。また、同じ悩みを抱える同士が集まることで気持ちを吐露し、分かち合うことで自分で克服する力が身につきますから非常に有効的な方法です。カウンセリングの場所は、ネットや紹介があり、当事者同士と分かち合える場は精神科やその他機関で紹介してもらいます。依存症の家族を持ち、辛い状況にさらされているのなら、こういう場所を積極的に利用すべきでしょう。考え方が変わり、両者とも幸せになれるのです。